会長兼社長 ご挨拶

代表取締役会長 安藤 和明

昭和28年創業以来、株式会社豊和は「人を安全に 人にやさしく」を理念として製品開発をしております。

「人を安全に・・・痛ましい事故や災害による被害を何とか食い止めることはできないか?」

日本では、1日あたり約103件の火災が発生し、火災によって年間約1,447人もの尊い命が失われています。(令和元年 総務省消防庁の資料による)火災における死亡原因の大半は、煙による一酸化炭素中毒です。
「煙による被害を最小限にしたい・・・」
その思いから、火災発生時に煙を外に逃がす高窓を簡単操作で開閉するため「マドコン」を、閉鎖障害が極めて起きにくい防火扉として引戸式遮煙自動閉鎖装置「ドアコン」を開発しました。また、2012年12月に発生した笹子トンネルの天井板落下事故では9名の命が失われました。
「アンカーさえ抜けていなければ・・・」
ケミカルを使わずに確実な性能と耐久性を実現した今までにない高性能なアンカーとして「AAPトルネード膨張アンカー」を開発しました。
AAPという文字は、「【安全(A)・安心(A)のパワー(P)】で皆様を安全・安心に過ごせる世の中にしたい」という願いを込めております。

「人にやさしく・・・快適な住空間を提供したい」

普段何気ないドアの開閉。高齢者やお体の不自由な方にとっては、勝手に閉まってくるドアが脅威になることがあります。
「人にやさしいドアとは何か?安心して過ごすことができる住環境のため何ができるか?」
これらの疑問を弱者の立場にたって考え、住環境に優しい製品として「ハイブリッド ドアー」を開発しました。
3.11東日本大震災以降の節電意識の高まりにより、極力電気を使わずに建物内を空調できる自然換気製品のご要望を多くいただきました。
自然の恵みを最大限に利用し電気エネルギー消費を最小限に抑える換気製品として、「エコロベェ」や「エコバランス」を開発いたしました。
また、「人にやさしく」の理念は、既存製品の改良にも活かしております。
文教関係の方々からは、壊れにくい自然換気装置のご要望が寄せられ、今後換気・排煙オペレータ操作ボックスのスタンダードとなる、「過廻し防止機構」を内蔵した「マドコン 安全くるくるシリーズ」を開発いたしました。「マドコン 安全くるくるシリーズ」は、「ドアコン」「エコバランス」とともに、(一社)文教施設協会の学校施設優良部品推奨事業に登録されております。

私の信念

「困っている人は見過ごせない。」
数々の製品開発も、「災害で命を落とされる方々をなくしたい、危険な環境を安全・安心な環境にしたい、 何とかしてあげたい。」という信念で取り組んできたものです。
健康にお悩みの方々を救いたい一心から、35年間の研究を経て「定電流治療器AAP」を開発し、医療機器の認証を受けました。
健康でお悩みの方々のみならず、アスリートの方々や高校球児、アマチュアスポーツのコンディションサポートに、数多くお役立ていただいております。

今後も、「人を安全に 人にやさしく」を理念に製品作りをしてまいります。どうぞご期待ください。

会社概要

名 称
株式會社 豊和
設 立
1958年6月23日
資本金
4,163万円
従業員
208名 (※令和2年12月現在)
所在地
兵庫県尼崎市猪名寺2-21-32 豊和ビル
電 話
06-6494-1110(大代表)
ファックス
06-6494-1336
IP電話
050-3733-1828(代表)
フリーダイヤル
0120-198-551

主要取引先

三協立山 株式会社 三協アルミ社

三和シヤッター工業株式会社

不二サッシ株式会社

文化シヤッター株式会社

株式会社 LIXIL

YKK AP株式会社

(五十音順)

その他サッシ・ドアーメーカー、販売代理店

役員一覧

代表取締役会長兼社長 安藤 和明
取締役副社長 小林 明彦
取締役専務 石井 雅孝
取締役常務 滝島 麻吏男
取締役 丸山 俊樹
監査役 柳井 徹

組織図

組織図

環境保全基本方針について

株式會社 豊和は、環境の保全に配慮し、社会に貢献するために以下の指針を定め推進します。

1. 環境保全活動の推進

環境負担の低減に配慮した事業活動、製品の開発、サービスに取り組み環境保全活動を推進します。

  1. 規制化学物質の削減
  2. 廃棄物の削減とリサイクル品、再生用紙使用の促進
  3. 省エネに役立つ製品の開発

2. 法規則等の遵守

環境保全に関する国や地方自治体等の規則を遵守します。

3. お取引様との連携

  1. 環境保全活動を推進するため、お取引様との連携を図ります。
  2. 環境保全に配慮した調達(グリーン調達)
  3. 省エネに役立つ製品の共同開発